ダンロップ、二輪ロードレース世界選手権 Moto2/Moto3へのワンメイクタイヤ供給を2023年まで継続

モーターサイクル レスポンス

住友ゴム工業は11月26日、FIMロードレース世界選手権の「Moto2」および「Moto3」クラスにダンロップブランドでのワンメイクタイヤ供給を2023年まで継続すると発表した。

FIMロードレース世界選手権は、世界最高峰の二輪レース。1949年に初開催され、現在は「MotoGP」、「Moto2」、「Moto3」の3クラスがある。同社は各クラスが新設された年(Moto2/2010年、Moto3/2012年)から継続してワンメイクタイヤ供給を行っている。

各国のサーキットを転戦するFIMロードレース世界選手権では、幅広い路面条件・路面温度への適応性などさまざまな状況下で性能を発揮するタイヤが求められる。同社はこれまでのレースタイヤ開発で培った技術を活かし、Moto2、Moto3クラス専用に開発したダンロップタイヤを供給することで、ラップタイムの向上に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ