見えなかったものが見えてくる? 日産ギャラリーにXmasイルミネーション 11月28日より

モータースポーツ レスポンス

日産自動車は2020年11月28日から2021年1月11日まで、日産グローバル本社ギャラリーにて「日産ギャラリー ウインターイルミネーション 2020」を開催する。

今年は、日産が研究開発を進めている「見えないものを可視化する」技術、「Invisible-to-Visible(I2V)」から着想を得た、KOSEI KOMATSU氏のプロデュースによる、新たなクリスマスデコレーションが登場する。

スパークリングモービルズといったプラスチックの円盤を約500個使ったクリスマス装飾は、回転による反射でどこからでも美しく見えるデザイン。それに加え、2か所に設置されたI2Vスポットからは、他の場所では見えなかったアートが見えてくる。まさしく、「見えなかったものが見えてくる」アートとなっている。開館中だけでなく、閉館後にギャラリーが暗くなると、暗さと光のコントラストでまた異なった表情を見ることができる。

またギャラリーには、“並木道”(センシングフォレスト)が突如として出現する。ひとたびその道に迷い込むと、“光”の幻想的な空間に。歩行者が並木道を回遊すると、センサーが反応。歩行者の移動に合わせ光を点灯させる。ホワイトに点灯するライトは、まるで「雪の積もった森」を創出し、都会では味わえない幻想的な空間を演出する。

このセンシングフォレストは日産の運転支援技術を支えているセンシングから着想を得た、冬にぴったりの体験型イルミネーション。隣接する透過型ディスプレイを使ったARIYA Virtual Displayでは、日産初のクロスオーバーEV『アリア』の「プロパイロット2.0」におけるセンシングのイメージも映像で見ることができる。

日産グローバル本社ギャラリーの営業時間は10時から20時。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • センシングフォレスト《写真提供 日産自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ