誰もが自由に移動しやすい環境 「ユニバーサルMaaS」実証実験を予定

業界 レスポンス

全日本空輸(ANA)と京浜急行電鉄、横須賀市、横浜国立大学は11月24日、移動困難者などに提供する移動サービス「ユニバ―サルMaaS(モビリティアズアサービス)」の実証実験を12月1日から2021年2月28日まで実施すると発表した。

実証では、ユニバーサルMaaSアプリとして開発した「ユニバーサルお出かけ」アプリを改良して、さまざまな理由から移動するのにためらいがある人を対象に、屋内外ナビゲーション機能や、自分に合った旅程の作成・保存・サポート手配機能を提供する。

ユーザーインターフェースやユーザー体験を強化し、安心・安全・確実な移動やサポート手配を重視、楽しく移動するために自分に合った移動を体験してもらうことを目指す。こうした社会実装に耐えられる品質のモバイルアプリを構築する。

12月1日開催の「WheeLog!街歩きイベント in 横須賀」を皮切りに、新しい「ユニバーサルお出かけアプリ」を体験できる場を横須賀市内で順次提供する。車いすユーザーをはじめ、さまざまな人にアプリを体験してもらいアプリの使用感や実際に利用した感想をもとに、機能を検証する。

今後、さまざまな特性を持つ人や、各サービス提供者による試用を重ね、新たな移動喚起につながる施策を推進し、最終的に「誰もが移動をあきらめない世界」の実現を目指す。

  • レスポンス編集部
  • ユニバーサルMaaSのイメージ《写真提供 京浜急行》
  • 「ユニバーサルお出かけ」アプリの画面イメージ《画像提供 全日本空輸》
  • ユニバーサルMaaS《画像提供 京浜急行》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ