【三菱 エクリプスクロス 改良新型】加藤CEO「安心感の高いハンドリングと走り」…PHEVも新設定

新車 レスポンス

三菱自動車工業は12月4日、SUV『エクリプスクロス』のオンライン発表会を開き、PHEV(プラグインハイブリッド車)の設定や、外観デザインなどを刷新した新モデルを同日発売した。

PHEVは、2.4リットルのガソリンエンジンと前後輪用の2モーターを組み合わせ、すべて4WD(4輪駆動)車としている。2つのモーターの合計最高出力は130kW(177PS)と、パワフルなEV(電気自動車)走行を可能とする性能を確保した。またリチウムイオンバッテリーは容量13.8kWhを搭載している。

バッテリーからは、交流100Vで最高出力1500Wでの外部給電ができる。また、専用設備によってクルマから家屋などへの給電である「V2H」にも対応している。2輪駆動も選択できるガソリン車は、1.5リットルの直噴ターボエンジンを搭載した。

デザインの刷新に合わせ、荷室の拡大など使い勝手の改善も図っている。価格(税込み)はPHEVが384万円台から447万円台、ガソリン車が253万円台から334万円台となっている。月間1000台の販売を計画しており、10月中旬から始めた予約注文は11月末までに約2000台になったという。

発表会で加藤隆雄CEOは「7月に発表した中期経営計画では、得意とする環境技術を更に強化し、4DW技術にも一層磨きをかけて安心感のある魅力的な商品を世界に提供していく方針を打ち出した。その第1弾がこの新型エクリプスクロス」と述べ、経営再建に向けた中計の推進を担う重要モデルとの位置付けを示した。

改良では「PHEVカテゴリーでは(販売)トップであるアウトランダーの技術を展開し、待望のPHEVモデルを設定した。運転しやすいサイズであり、剛性の高いボディーや強化した足回りと相まって安心感の高いハンドリングや軽快な走りが実現できた」と、同社の電動化の柱でもあるPHEVの性能向上をアピールした。

  • 池原照雄
  • 三菱 エクリプスクロス《写真提供  三菱自動車》
  • 三菱 エクリプスクロス《写真提供  三菱自動車》
  • 三菱自動車 加藤隆雄CEO(参考画像)《写真撮影 雪岡直樹》
  • 三菱エクリプスクロス改良新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • 三菱エクリプスクロス改良新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • 三菱エクリプスクロス改良新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • 三菱エクリプスクロス改良新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • 三菱エクリプスクロス改良新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • 三菱エクリプスクロス改良新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • 三菱エクリプスクロス改良新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • 三菱エクリプスクロス改良新型《写真撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ