VWジャパン、常時コネクティッドのインフォテイメントを順次導入

テクノロジー レスポンス

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、フォルクスワーゲン(VW)車として日本初となる常時コネクティッドの新世代インフォテイメントシステムをラインアップに順次導入していくと発表した。

新世代インフォテイメントシステムは、全モデルにeSIM内蔵の通信モジュールを搭載。VW車として日本で初めて常時コネクティッドのヘッドユニットとなる。

ラインアップは、8インチディスプレイオーディオ「レディ2ディスカバー」、8インチナビゲーションシステム「ディスカバーメディア」、9.2インチナビゲーションシステム「ディスカバープロ」の3種類を用意。購入するモデルに応じて選択できる。

また、新世代インフォテイメントシステムの導入に合わせて、現在提供しているオンラインサービス「VWカーネット」に代わり、新オンラインサービス「Weコネクト」の提供を開始する。

新サービスでは、現在、提供している渋滞情報などの各種ナビゲーション関連のオンライン情報に加え、新たに車両のドアやトランクの開錠・施錠をスマートフォンの専用アプリ上で操作できる「ドアロック&アンロック」を提供。また、車両が故障した際、ロードサイドアシスタンスのコールセンターに位置情報などを自動通知し、オペレーターと通話できる「ブレークダウンコール」や、定期点検や警告灯情報を販売店に自動通知し、販売店への入庫のアレンジができる「サービススケジューリング」なども利用できるようになる。さらにナビ関連もオンラインによる地図更新に対応する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • VW Tロック(写真)、Tクロスを皮切りに導入《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • VW Tロック、Tクロス(写真)を皮切りに導入《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • VW Tロック、Tクロス(写真)を皮切りに導入《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • オンライン交通情報 インフォテイメント画面《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • ドア&ライト(イメージ)《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • エリアアラート(イメージ)《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • オンライン目的地インポート(イメージ)《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • スピードアラート(イメージ)《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • モバイルオンラインサービス Weコネクト《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
  • ロック&アンロック(イメージ)《画像提供 フォルクスワーゲングループジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ