トヨタや岩谷産業など9社、水素社会の実現を推進する新団体を設立

業界 レスポンス

トヨタ自動車など9社は12月7日、水素分野におけるグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進する新たな団体「水素バリューチェーン推進協議会(JH2A)」を設立した。

JH2Aは、地球温暖化対策において中心的な役割を果たすことが期待される水素について、今後も日本が世界をリードし続けるために、様々なステークホルダーと連携して取り組む団体だ。トヨタのほか、岩谷産業、ENEOS、川崎重工業、関西電力、神戸製鋼所、東芝、三井住友フィナンシャルグループ、三井物産が理事会員として設立に参画。会員数は88社(2020年12月7日現在)。岩谷産業の牧野明次会長、トヨタの内山田竹志会長、三井住友フィナンシャルグループの國部毅会長が共同代表者を務める。

今後、「社会実装プロジェクトの提案・調整」「ファンドの創設、基本的な管理・運営の検討」「需要創出、規制緩和等の政策提言」「国際的な活動」「国内外の情報収集・分析・発信」をテーマに活動を行い、早期の水素社会構築を目指していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 組織体制《図版提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ