マツダ、SKYACTIV-Xの燃焼技術が日本燃焼学会「技術賞」を受賞

業界 レスポンス

マツダは、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」の火花点火制御圧縮着火燃焼の開発が、2020年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞したと発表した。

同賞は、燃焼応用技術の研究・開発に顕著な功績を残した個人またはグループに授与されるもの。受賞者は漆原友則氏、西田正美氏、河野通治氏、井上淳氏、志々目宏二氏、末岡賢也氏、松本浩太氏、丸山慶士氏の8人。

SKYACTIV-Xは、ドライバーの意のままでシャープなレスポンスやトルクフルで爽快な加速感を、優れた燃費・環境性能で楽しめるパワートレインとして、『マツダ3』『CX-30』に搭載されている。

圧縮着火燃焼を用いた自動車用ガソリンエンジンは、これまでも盛んに研究が行われてきたが、高圧縮比化技術の必要性や燃焼タイミング制御の難しさから実用化が困難だった。マツダは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」で培った高圧縮比化技術と、スパークプラグを燃やすためではなく、燃焼室内の圧力変化に活用する新たな発想での燃焼制御を開発することで、圧縮着火ガソリンエンジンの実用化に初めて成功した。

今回の受賞では、乗用車用量産ガソリンエンジンとして世界で初めて高圧縮比化と希薄/希釈燃焼による火花点火制御圧縮着火燃焼(SPCCI)方式のエンジンを開発し、エンジンの熱効率改善を通じてCO2排出低減に貢献していることが高く評価された。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ3、SKYACTIV-X搭載《写真提供 マツダ》
  • マツダ3のSKYACTIV-Xバッジ《写真提供 マツダ》
  • マツダCX-30、SKYACTIV-X搭載《写真提供 マツダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ