BASF、機能性プラスチック「ウルトラデュアーRX」発売 レーダーセンサーの精度向上に貢献

テクノロジー レスポンス

BASFは、レーダーセンサーの精度を高めるハウジング向け機能性プラスチック「ウルトラデュアーRX」を開発した。

近年、自動運転技術の発展にともない、搭載されるセンサーの使用も増加している。道路交通における電磁干渉の問題が増大する中、センサーを最適な形で機能させるためにはこうした信号雑音を吸収し、最小限に抑えることが重要となる。

ウルトラデュアーは、水跳ねや油、塩類などに対して高い耐性を持つことから、センサーのハウジングに優れた保護効果をもたらすほか、76〜81GHzの干渉電波を吸収し、最小限に抑えるよう設計。ハウジング内の繊細な電子機器を電磁波による撹乱から保護する。

レーダーからの干渉電波を抑えることで、受信信号をより良い形で処理することが可能となり、安全性が向上。ウルトラデュアーRXは機能性プラスチックとして、金属ハウジングの代替となる優れた製品であり、車両の軽量化と効率化に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ