【トヨタ MIRAI 新型】豊田合成、高圧水素タンク生産開始 航続距離延長のキーパーツ

新車 レスポンス

豊田合成は、新型『MIRAI』の主要部品である高圧水素タンクを生産する「いなべ工場」(三重県いなべ市)の稼働を開始した。

高圧水素タンクは水素を圧縮して貯蔵する、燃料電池・モーターなどと並ぶ燃料電池自動車(FCV)の主要部品の1つ。新型MIRAIはフロアトンネルのスペースも活用することで、水素タンクの数を従来の2本から3本に増やしている。豊田合成が生産するのは、車体後部に配置される3本目の水素タンク。新型MIRAIの航続距離延長に寄与する重要な部品だ。

水素タンクは透過・漏れを防ぐため、内側の特殊な樹脂製の容器(樹脂ライナ)で密閉。効率的に貯蔵するため約700気圧で圧縮された高圧水素にも耐えられるよう、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)などを巻いて強度を確保している。

いなべ工場では、トヨタ自動車が2020年12月に発売した新型『MIRAI』向けの高圧水素タンクの生産を11月から開始しており、今後もFCVの普及拡大に対応して生産能力を順次強化していく予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ MIRAI 新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • 新型MIRAIに搭載される高圧水素タンク《写真提供 豊田合成》
  • トヨタ MIRAI 新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • トヨタ MIRAI 新型《写真撮影 雪岡直樹》
  • 豊田合成 いなべ工場《写真提供 豊田合成》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ