空港の地上支援業務、ロボットと自動運転を活用 佐賀空港で実証実験を予定

テクノロジー レスポンス

豊田自動織機と全日本空輸(ANA)は、12月14日から12月18日の間、九州佐賀国際空港の貨物上屋に設置したオペレーション実験場と上屋前の制限区域内専用エリアで、空港地上支援業務の将来モデルの実証実験を実施すると発表した。

両社は、共同開発した「手荷物積み付けロボット」と運転者が乗車しない「自動運転トーイングトラクター」を接続させた実証実験を九州佐賀国際空港で実施する。技術面や運用面の課題を洗い出すとともに、前後工程との連携や業務効率化を検証し、荷物を航空機に搭載する一連の工程を自動化する新たな空港地上支援業務モデル構築につなげる。

ロボットは、両社が共同開発したもので、ロボットハンドと独自の積み付けロジックを採用した。これまで手荷物ハンドリング工程の中でも最大の課題だったコンテナへの自動積み付けを可能にした。航空機向けコンテナ用手荷物積み付けロボットは日本初。

今回の実証実験を通じて、手荷物積み付けロボットと特定条件下での無人搬送を接続させた場合、安全性やオペレーター視点での使いやすさ、作業効率向上による省力効果を検証し、将来の本格導入に向けた課題を整理するとともに、今後の具体的な開発・業務設計につなげていく。

  • レスポンス編集部
  • 手荷物積み付けロボット《写真提供 豊田自動織機》
  • 実証実験を実施する九州佐賀空港《写真提供 豊田自動織機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ