オートバックス、メンテナンスパックを自動車販売・リース事業者向けに展開

業界 レスポンス

オートバックスセブンは12月14日、2009年より販売を開始したメンテナンスパックを自動車販売事業者や自動車リース事業者向けの外販メニューとして展開すると発表した。

オートバックスグループでは、ユーザーに安全にかつ安心してクルマを利用してもらうとともに、クルマにかかる費用を軽減することを目的に、2009年11月より「オートバックスグループメンテナンスパック」を導入している。

同パックは、同社グループ店舗にて車検を実施または自動車を購入した人に向けて、エンジンオイル交換やバッテリー交換、タイヤローテーション、12か月点検など、次の車検までの間に必要なメンテナンスメニュー(商品代金や交換工賃を含む)をパッケージ化。まとめて支払うことで、割安となるサービスとなっている。

昨今、クルマとの関わり方が所有から使用にシフトしている傾向もあり、エンドユーザーへのクルマの提供方法も、販売だけでなく、リースやレンタル、最近ではサブスクリプションでの提供なども登場している。このような環境の中、オートバックスグループではメンテナンスパックを外部事業者向けにした、新パッケージを展開することを決定。自動車販売事業者や自動車リース事業者などの中で、自社での整備に課題を抱えている事業者向けに外部事業者向けメンテナンスパックを導入する。

導入事業者は、自動車を提供する際にメンテナンスパックを合わせて販売でき、ユーザーは日本全国にあるオートバックス、スーパーオートバックスの店舗で、車両の整備やメンテナンスサービスを受けることができるようになる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • メンテナンスパックに含まれる整備・メンテナンス整備メニュー《図版提供 オートバックスセブン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ