川崎重工、再生可能エネルギー由来の液化水素サプライチェーン事業化を検討

エコカー レスポンス

川崎重工業は12月14日、岩谷産業、豪州のフォーテスキューメタルズグループ(FMG)とともに、再生可能エネルギー由来の液化水素サプライチェーンの事業化に向けた検討を開始すると発表した。

水素関連機器メーカーとしての技術力を持つ川崎重工、水素事業への投資を拡大するFMG、水素の取り扱い実績が豊富な岩谷産業の3社で方針が合致し、事業化を検討する。

世界各地で太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーを由来とする電力から水素を製造・液化し、液化水素運搬船で日本へ輸入して、国内で供給・配送する一連の液化水素サプライチェーン事業化に向けて検討する。

FMGは鉄鉱石が主力で、再生可能エネルギー事業や、クリーン水素の大量輸送市場の創出を含むグリーン産業の実現に向けた取り組みを進めている。

川崎重工は世界的に脱炭素社会に向けた取り組みが進む中、水素を「つくる(水素液化機)」「はこぶ(液化水素運搬船)」「ためる(液化水素貯蔵タンク)」「つかう(水素ガスタービン発電設備)」すべてのフェーズで開発をリードしてきた。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ