三井不動産、日本初「マンション住民向けMaaS」実証実験を開始

業界 レスポンス

三井不動産は、シームレスな移動で生活圏を広げる「不動産×MaaS」を始動。日本初の「マンション住民向け複数交通機関のサブスクリプションサービス」実証実験を2020年内に開始する。

三井不動産では、街で暮らす人々に新たな体験価値を提供することを目的に、ヒト・モノ・サービスの「移動」に着目した「モビリティ構想」の1つとして、「不動産×MaaS」を始動。第1弾として、2020年9月に柏の葉エリアにて実証実験を開始したが、12月15日から日本橋エリア、12月21日からは豊洲エリアでも実証実験を開始する。

同社は「マンション住民向け複数交通機関のサブスクリプションサービス」実証実験に向け、MaaSアプリ「Whim」を導入。目的地までの検索、予約、決済、モビリティへの乗車までを1つのアプリでシームレスに行うことができる。使用可能なモビリティは現時点で最大4種(カーシェア、シェアサイクル、バス、タクシー)あり、好みに応じて選択できる。実証実験では、これらモビリティを月額定額制(サブスクリプション)のサービスとして提供。ユーザーは多様な交通サービスを横断的に利用できる。また、各物件敷地内にはWhim会員専用のモビリティとしてカーシェアおよびシェアサイクルを設置。自己保有のモビリティ感覚で利用できる。

実証実験は、柏の葉、日本橋、豊洲とそれぞれ特徴の異なるエリアで行い、各エリアで最適なMaaSを提供。柏の葉は「都市近郊型」、日本橋は「都心型」、豊洲は「準都心型」のモデル都市として位置付け、提供サービスに必要とされる要件の検討ならびに検証を進めている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三井不動産のMaaSの特徴《写真提供 三井不動産》
  • 三井不動産のMaaSの特徴《写真提供 三井不動産》
  • 柏の葉の実証実験で得たユーザーフィードバックを受けて、東京の実証実験ではユーザーの使い方に高い自由度を持たせたサブスクリプションプランを導入《写真提供 三井不動産》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ