「ブレーキパッドが戻らない」三菱ふそう、キャンターなど1万7000台をリコール

テクノロジー レスポンス

三菱ふそうトラック・バスは12月16日、小型トラック『キャンター』などのブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、キャンターのほか、日産『アトラス』、UDトラックス『カゼット』の計3車種で2017年3月1日から2020年2月27日までに製造された1万7482台。

対象車種は、前輪用ブレーキキャリパーのスライドピンにグリスが塗布されていないものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ブレーキ操作後にアウターパッドが戻りきらなくなって著しく摩耗し、最悪の場合、アウターパッドが脱落するおそれがある。

改善措置として、全車両、前輪用ブレーキキャリパーのスライドピンのグリス塗布状況を点検し、グリスが塗布されていない場合には、キャリパーを交換するとともにパッド摩耗量の測定を行い、アウターパッドに著しい摩耗が認められた場合はパッドも交換する。

不具合は38件発生。事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《図版提供 国土交通省》
  • 対象車種《図版提供 国土交通省》
  • 対象車種《図版提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ