日産の小型セダンと韓国車の争いに、2021北米カーオブザイヤーの最終選考3車種

モータースポーツ レスポンス

北米カーオブザイヤー主催団体は12月17日、「2021北米カーオブザイヤー」(2021 North American Car of the Year)の最終選考3車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で28回目だ。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2021北米カーオブザイヤーの最終選考3車種は、以下の通り。

●ジェネシスG80

●ヒュンダイ・エラントラ

●日産セントラ

日本メーカーでは、日産『セントラ』新型が最終選考に残った。同車は日産の米国市場における小型セダン。トヨタ『カローラ』やホンダ『シビック』などと競合する。

残る2車種は韓国車だ。ヒュンダイ『エラントラ』と、ヒュンダイの高級車ブランド、「ジェネシス」の『G80』が最終選考に駒を進めた。

なお、ホンダの高級車ブランドのアキュラのスポーツセダン、『TLX』新型は最終選考に進めなかった。また欧州勢では、メルセデスベンツの改良新型『Eクラス』とボルボカーズ傘下のポールスターのEVセダン、『ポールスター2』が、この時点で脱落している。

2021北米カーオブザイヤーは2021年1月、米国で発表される予定だ。前回は、シボレー『コルベット・スティングレイ』新型が、トヨタ『スープラ』新型を抑えて、北米カーオブザイヤーを受賞している。

  • 森脇稔
  • ヒュンダイ・エラントラ 新型《photo by Hyundai》
  • ジェネシス G80《photo by Genesis》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ