不動産とモビリティを融合するMaaS---MaaS Globalが日本で実証実験を実施へ

業界 レスポンス

フィンランドのMaaS Globalは12月18日、三井不動産とともに、モビリティサービスと不動産を融合する実証実験を日本で実施すると発表した。

プロジェクトは、移動ニーズに対して、使い勝手の良いモビリティをサブスクリプション(定額制)の形での提供する。不動産と交通サービスを組み合わせることで生じる大きな事業機会の実現を視野に入れる。

MaaS GlobalのMaaS(モビリティアズアサービス)アプリ「Whim(ウィム)」は、ひとつのアプリからバイクシェア、バス、カーシェア、タクシーなどの交通手段を簡単に予約・決済できる。今回の事業では、ドコモ・バイクシェア、東武バスイースト、三井不動産リアルティなどのパートナーを通じてサービスを提供する。

また、交通経路検索システムはヴァル研究所、カスタマーケアはアディッシュプラスとそれぞれ連携する。

実証実験では、千葉県柏市柏の葉と、東京エリアの複数の三井不動産のマンションの住民を対象に、MaaSアプリの提供で人々がどのように異なる交通モードを利用するかについて検証する。

  • レスポンス編集部
  • MaaS Globalのアプリ「Whim」(イメージ)《画像提供 MaaS Global》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ