三菱 アウトランダーPHEV、海外初の現地生産をタイで開始

業界 レスポンス

三菱自動車は12月21日、プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』初の海外現地生産をタイ・レムチャバン工場で開始した。

三菱自動車は電動モビリティと自動車市場の成長を促進するタイ市場の可能性と、レムチャバン工場の生産能力を高く評価した結果、アウトランダーPHEVを海外で初めてタイで現地生産することとした。なお、タイでの発売は2021年1月を予定している。

タイでの生産開始にあたり、三菱自動車の加藤隆雄CEOは「世界的な環境意識の高まりを受け、当社はアセアンでもPHEVの提供を行っている。三菱自動車の電動車事業の新たな展開として、現地生産によるアウトランダーPHEVをタイのユーザーに提供できることを大変嬉しく思う」と述べた。

アウトランダーPHEVは、電動化技術と四輪制御技術を融合した三菱自動車のフラッグシップモデル。力強く滑らかで静かなEVならではの走りと優れた環境性能を有し、日常使用では主にEV走行、遠出ではハイブリッド走行にエネルギー効率を自動的に切り替えることができる。また、車内2か所のコンセントを通して最大1500Wまで出力し、アウトドアレジャーや災害などによる停電時にて、家電製品等へ電力を供給できる。

三菱自動車は2020年度から2022年度までの中期経営計画にて、アセアンを同社の成長を牽引する重要地域と位置付けるとともに、同社が強みを持つプラグインハイブリッドEV(PHEV)を軸とした環境技術の強化を掲げている。PHEVカテゴリーで世界最多販売のアウトランダーPHEVをタイで生産・販売することでアセアン事業のさらなる強化を進めていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ラインオフ記念式典《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ