ベントレー「トナカイエイト」、サンタクロース向け仕様発表…ボンネットのマスコットが

モータースポーツ レスポンス

ベントレーは12月18日、新型『フライングスパーV8』(Bentley Flying Spur V8)をベースにしたサンタクロース向けの仮想ワンオフモデル、「トナカイエイト」を発表した。

◆プレゼントの配達で長距離を移動するために空力性能を向上

トナカイエイトは、ベントレーのカスタマイズ部門の「マリナー」が開発を手がけた。マリナーが用意する62のボディカラーの1つ、「クリケットボール」をベースにした専用の深紅のボディカラー、「クリケットボーブル」で仕上げられた。

フロントフードの先端には、ベントレーの「フライングB」のマスコットの代わりに、3D印刷されたゴールドのトナカイが装着された。ボディサイドでは、「V8」のエンブレムが、特別な「トナカイエイト」のエンブレムに置き換えられている。トナカイのフードマスコットに続いて、ゴールドのクロームボンネットストリップが配された。

サンタクロースがプレゼントの配達で長距離を移動するために必要な速度とパフォーマンスを支える空力性能を向上させるために、カーボン製ディフューザー、カーボン製サイドシル、トランクリッドスポイラーで構成される「ゴールドスタイリングパッケージ」が追加された。足元は、交差したスノーピークを表現した22インチのゴールド塗装ホイールで引き締める。寒冷な気候に配慮して、オールシーズンタイヤが装着されている。

◆ヒーターやマッサージ機能で移動中のサンタクロースもリラックス

インテリアには、ゴールドの刺繍や、モノトーンのクリケットをあしらう。前席には、サンタクロースとその妻の名前が縫い付けられた。ダッシュボードには、ランドブラックのウッドパネルを装着。助手席前方には、北極の冬の夜が表現されている。

シートは、ツインフルートデザインで、ヒーター、換気、マルチモードマッサージなどの機能が付く。これにより、サンタクロースは長距離を移動中、リラックスできるという。新しい3Dレザーには、ステッチと刺繍を組み合わせている。

ゴールドハンドのクロスステッチには、英国クルーのベントレー本社工場で働く従業員のこだわりと職人技が生かされた。キャビン全体で1万1100本のステッチ加工を施すのに18時間かかり、英国のビッグベン(ロンドン・ウェストミンスター宮殿の時計台)の高さに相当する115mの特殊な糸が使われた。

◆「ロータリーディスプレイ」はサンタクロース仕様に

トナカイエイトにも、ベントレーの「ロータリーディスプレイ」が装備された。サンタクロース仕様となっており、エンジンスタートボタンを押すと、スレイベルが鳴り響き、その後でダッシュボード中央のウッドパネルが回転して、12.3インチのタッチスクリーンが出現する。

ロータリーディスプレイでは、カスタマイズ可能な3種類のウィンドウがタイル表示される。2つ目のディスプレイには、外気温を示す3つのアナログダイヤル、方位系、クロノメーターが表示される。ナビゲーションシステムに組み込まれた「Naughty and Niceリスト」を使うと、サンタクロースは良い子と悪い子を簡単に知ることができるという。ロータリーディスプレイのカバーは、グランドブラックベニヤ仕上げで、北極の冬の夜のシーンが表現されている。

◆4.0リットルV8ツインターボは最大出力550ps

トナカイエイトのパワートレインには、新型フライングスパーV8譲りの4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。最大出力は550ps、最大トルクは78.5kgmを引き出す。2000rpmに達する直前に78.5kgmの最大トルクを発生すると、豊かなトルクを4500rpmまで維持する。トランスミッションは8速ATで、0〜100km/h加速4.1秒、最高速318km/hの性能を可能にしている。

  • 森脇稔
  • ベントレー・トナカイエイト《photo by Bentley》
  • ベントレー・トナカイエイト《photo by Bentley》
  • ベントレー・トナカイエイト《photo by Bentley》
  • ベントレー・トナカイエイト《photo by Bentley》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ