特殊車両の誘導ガイドラインを作成 国交省

社会 レスポンス

国土交通省は12月25日、特殊車両の適切で合理的な誘導に向けて誘導等ガイドラインを作成するとともに、誘導車の配置条件を改正すると発表した。

特殊車両の通行許可の際、誘導車の配置に関する条件が付されることがある。今回、特殊車両の通行の安全性向上を図るため、「特殊車両の通行に係る誘導等ガイドライン」を作成し、誘導車の役割や誘導方法、特殊車両の通行方法を明確化した。

また、これにあわせガイドラインの内容についての講習受講者に、誘導車の運転を限定することで、これまで特殊車両の前後に誘導車が必要だった条件を合理化する。道路構造の保全や交通の危険防止に支障のない場合、交差点では前方、橋梁などでは後方に1台配置で、通行が原則可能ろなる。2021年3月29日に施行する。

誘導車の配置条件が付された場合、適正に誘導車を配置し、特殊車両の運転者は、通行にあたってこれまで以上に周辺状況への配慮が必要となることから、誘導車と連携した安全な通行について、運送事業者に周知していく。

  • レスポンス編集部
  • 特殊車両の適切で合理的な誘導に向けた誘導ガイドラインと誘導車の配置条件改正について《資料提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ