大型路線バスの自動運転、実証走行を実施へ 国内初

テクノロジー レスポンス

西武バスは1月5日、群馬大学発のスタートアップ、日本モビリティと2月から遠隔監視システムを活用した自動運転大型バスによる実証実験を実施すると発表した。

実証実験では、西武バスの路線である西武池袋線飯能駅南口と美杉台ニュータウン(飯能営業所管内)間、片道2.5kmを、国内初の試みとなる、通常の営業運行をしている路線バスと同じ運行形態で、自動運転バスを運行する。

あいおいニッセイ同和損害保険が、実験に適した保険を提供し、MS&ADインターリスク総研が総合的なリスクアセスメントや安全管理体制の構築を支援する。

  • レスポンス編集部
  • 自動運転路線バスの運行ルート ※国土地理院地図データ をもとに西武バス株式会社が作成《資料提供 あいおいニッセイ同和損害保険》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ