【F1】マクラーレンのドライバー、ランド・ノリスがコロナ陽性に

モータースポーツ レスポンス

世界的に収束の気配が見えないコロナ禍だが、年明け早々、F1ドライバーにも新規陽性者が出た。マクラーレンのランド・ノリスがドバイにてCOVID-19のテスト結果“陽性”となり、2週間の隔離に入っている。

英国出身、現在21歳のランド・ノリスは2019年からマクラーレンでレースドライバーを務めている若手有望株だ。昨季(2020年)F1開幕戦、7月のオーストリアGP(シュピールベルク/レッドブルリンク)では自身初の3位表彰台をゲットするなど、高い評価を得るに相応しい活躍を見せ続けている。今季(2021年)もマクラーレンで自身3年目のF1を戦うことが決定済み。

マクラーレンが5日付けで発表したステートメントによると、ノリスはトレーニングキャンプを前にした休暇をドバイで過ごしており、そこで味覚と嗅覚の変調を感じたため、前日(4日)にCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のテストを受け、チームにも自身の状況を報告した。テストの結果は陽性、ノリスは現地ルールに従いホテルで2週間の隔離に入っている。体調は良く、味覚と嗅覚以外の症状はないという。

コロナ禍は昨季のF1に大きな影響を及ぼした。シーズン日程やレース開催地は大幅変更となり、7月という遅い開幕から12月中旬までの超々過密日程を強いられることに。そして多くのレースが無観客での実施になった。終盤には王者ルイス・ハミルトン(メルセデス)が陽性判定により1戦欠場するという状況も発生している(他にもレースドライバーやチームスタッフらの陽性事例が見られた)。

今季2021年のF1は3月21日決勝のオーストラリアGP(メルボルン/アルバートパーク)にて開幕予定となっているが、このところの報道では同GPが延期濃厚とされており、コロナ禍の影響は続くこととなりそうだ。

  • 遠藤俊幸
  • ランド・ノリス(右端、2020年F1オーストリアGP)《写真提供 Pirelli》
  • #4 ランド・ノリス(2020年F1オーストリアGP)《写真提供 Pirelli》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ