高速道路の通行止め、12路線14区間---10日にかけて大雪のおそれ

業界 レスポンス

1月7日からの、日本海側における大雪による高速道路の通行止めは、NEXCO東日本管内で4路線5区間(9日18時00分現在)、NEXCO西日本管内で8路線9区間(9日19時00分現在)となっている。

国土交通省によると有料道路の通行止めは7路線、直轄国道は2路線で、国道8号の新潟県上越市国府で滞留がある(9日15時30分現在)。

今後も強い降雪が予測されており、高速道路各社では、車による不要不急の外出を控えるよう、協力を要請している。高速道路上では、自力走行不能車両が1台でも発生すると、長時間の渋滞や通行止めにつながるおそれがある。

やむをえず出かけるさいには、出発前に最新の気象予報・道路交通情報を確認し、早めにタイヤチェーンを装着するよう呼びかけている。また高速道路の不通区間の迂回について、並行する国道も通行止めになる可能性がある、とする。また運送事業者および荷主企業向けにも、広域迂回や運送日の調整を働きかけている。

国交省によるとバスの運休状況は、高速バスの67社203路線が運休、8社9路線が一部運休、路線バスの37社210路線が運休、14社36路線が一部運休(9日14時00分現在。

同じく国交省によると鉄道関係では、運転を見合わせている路線は15事業者44路線(9日15時00分現在)となっている。

気象庁が9日14時00分現在で発表した気象状況では、日本付近は強い冬型の気圧配置となっているという。この気圧配置は10日頃にかけて続き、上空に強い寒気が流れ込む見込みだ。今後10日頃にかけて、北日本から西日本の日本海側では山地と平地で、太平洋側では山地を中心に、大雪が続く。とくに北陸地方では10日朝にかけて断続的に強い雪が降り、短時間で降雪量の多くなるおそれがあるという。四国や九州の平地でも大雪となるおそれ。

  • 高木啓
  • 通行止め状況および通行止め可能性区間《資料提供 NEXCO西日本》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ