EV向け電動アクスルを40%小型軽量化、愛知製鋼が開発…オートモーティブワールド2021

エコカー レスポンス

愛知製鋼は1月7日、電動車シフトに伴う資源不足に対応するため、独自のジスプロシウムフリーボンド磁石「マグファイン」と、独自の高強度材料を融合し、従来比40%の小型軽量化を実現した電気自動車(EV)向け電動アクスルの技術実証に世界で初めて成功したと発表した。

開発品はEV向けモータとしては新たな挑戦となる最大回転数3万4000回転/分で回し、実用域まで高減速化することで電動車に求められるトルクを引き出す。

電動アクスルを構成するモーターはマグファインの高磁力、高電気抵抗、ロータコアへの一体成形などの特徴を活かした超高速回転により小型化を実現した。減速機は独自の鍛鋼一貫による高強度材料で構成したトランスアクスルギヤを活用して小型化を実現した。

リサイクル性も確保した。マグファインはボンド磁石であるため、磁石使用後に樹脂だけ分解・除去することで、ネオジムが含まれた磁粉の再利用が可能となる。実験では磁粉回収率90%を達成した。

同社では今後、電動アクスルの実用化に向けた開発を進め、素材、部品、工法開発を推進して電動車の本格普及に不可欠な電力消費率向上と資源対策を同時に対応していく。

今回開発した技術は1月20日から22日まで開催される「第13回オートモーティブワールド」(オートモーティブワールド2021)で紹介する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ