地方鉄道沿線でオンデマンド交通サービス、ウィラーが実証実験へ

テクノロジー レスポンス

ウィラーは、交通サービスの確保による生活水準の向上と地域経済の活性化を目指し、AIオンデマンド交通サービス導入に向けた実証実験を1月26日から2月22日まで、京都丹後鉄道沿線地域で実施する。

ウィラーは、2015年度から上下分離方式で運営されることになった京都丹後鉄道の運行を開始し、鉄道の魅力や利便性の向上、沿線地域交通の充実等に取り組んでいる。昨年度からはMaaSの実証実験に取り組み、日本初の距離制運賃に対応したQR決済システムも導入。今年度からは京都丹後鉄道の駅を拠点とした新たな交通サービスとして、AIオンデマンド交通を導入することを目指し、第1弾として京丹後市で実施する。

少子高齢化が進む京丹後市では、毎日の生活に必要な買い物、通院、通勤・通学などにてマイカーが欠かせない状況となっている。このような状況下にて、免許を返納したい高齢者の自由な外出や共働きによる家族の送迎の負担軽減などを実現する新しい交通サービスが求められている。

実証実験では、行きたい時に行きたいところへ自分の思い通りに動くAIオンデマンド交通「WILLER mobi」を提供する。WILLER mobiは、地域で暮らす人々が移動手段を共有する新しい交通サービス。どこかへ出かける際にアプリや電話で車両を呼び出すと、指定した場所へ10分程度での配車が可能で、目的地までスムーズに安心して移動でき、自宅から約2kmの生活圏内をちょい乗りしながら自由に移動できる。

ウィラーでは、実証実験を通じてAIオンデマンド交通に対するあらゆるニーズや課題を抽出し、それらを解決。商業施設の来店者増加や公共交通の利用者増加による地域経済活性化、その結果、人と街の絆がより深まるようなサービスの提供を目指していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 対象エリア《図版提供 WILLER》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ