北米SUVオブザイヤー2021、フォード マスタング EV が受賞

モータースポーツ レスポンス

北米カーオブザイヤー主催団体は1月11日、「2021北米SUVオブザイヤー」(2021 North American Utility Vehicle of the Year)を、フォードモーターの新型EV、フォード『マスタング・マッハE』に授与すると発表した。

北米SUVオブザイヤーは、米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型SUVの中からベストな1台を選出するもの。

2021北米SUVオブザイヤーの最終選考3車種は以下の通り。

●フォード・マスタング・マッハE

●ジェネシスGV80

●ランドローバー・ディフェンダー

最終選考の3車種の中から、フォードモーターのフォード『マスタング』シリーズのEV、マスタング・マッハEが、2021北米SUVオブザイヤーに選出された。

マスタング・マッハEは、後輪駆動の「スタンダードレンジRWD」仕様の場合、最大出力266hp、最大トルク43.8kgmを引き出す。4WDの「スタンダードレンジeAWD」の場合、最大出力は266hp、最大トルクは59.2kgmを獲得する。

上位グレードの「エクステンディッドレンジRWD」の場合、最大出力は290hp、最大トルクは43.8kgmを引き出す。4WDの「エクステンディッドレンジeAWD」仕様は最大出力は346hp、最大トルクは59.2kgmへ引き上げられる。フォードモーターによると、0〜96km/h加速は5秒台の半ばという。

マスタング・マッハE には、2種類のリチウムイオンバッテリーを用意する。スタンダードレンジRWDとスタンダードレンジeAWDは、蓄電容量が68kWhだ。後輪駆動モデルの場合、1回の充電での航続は、最大370kmに到達する。エクステンディッドレンジRWDとエクステンディッドレンジeAWDは、蓄電容量が88kWhに増える。後輪駆動モデルの場合、1回の充電での航続は、最大483kmに到達する。

審査員のひとりは、「マスタング・マッハEは、テスラ『モデルY』の強力なライバル。 テスラ同様、プレミアムEVがトルクだけでなく、インテリアテクノロジーも重要視されることを理解している」と評価している。

  • 森脇稔
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ