【シトロエンC3 改良新型】日本法人社長「フェイスを新たにシャープにお化粧し直した」

新車 レスポンス

グループPSAジャパンの木村隆之社長は、1月15日に公開したシトロエン『C3』改良新型のオンラインプレゼンテーションで、「このたびフェイスを新たにシャープにお化粧し直し、ニューC3が誕生した」と紹介した。

その上で「ライフイズモアビューティフルインカラーとサブメッセージで訴えている通り、メインのボディカラーとルーフカラーの組み合わせで他のどのクルマにもないユニークでカラフルなエクステリアをお楽しみ頂ける」と強調した。

今回の主な改良点である外観についてシトロエンプロダクトマネジャーを務める水谷昌弘氏は「モチーフとなったのはジュネーブモーターショー2016でアンベールされた『シーエクスペリエンス』。新たなライティングシニネチャーはよりダイナミックかつモダンな印象を与える」と説明。

具体的には「デイタイムライトの下に位置されたヘッドライトをLEDとし、全グレードに標準装備した。エアバンプやルーフとボディの境界にあるCピラーテープなどリファインはディティールに及ぶ。ホイールにも動きを感じさせるダイナミックなでサインを採用した」という。

また、ボディカラーに関しては「人気のカラーを継続しながら新たにスプリングブルーとルージュエリクシールの2色が加わった。ルーフカラーは新たにエメラルドを追加し4つのバリエーションとなった。ルーフとドアミラーは同一色でコーディネートされる。さらにフォグランプベゼルとエアバンプアクセントは3つのカラーパックとして設定」とのことだ。

一方、インテリアにも改良が加えられた。水谷氏は「リビングのソファーでのくつろぎの感覚」を目指したとし、「クッションのような表面の盛り上がりは視覚的にも掛け心地の良さをアピール。そのために上位モデルであるC5エアロクロスに用いた手法をC3にも応用した。長時間の運転でも体を的確にサポートする骨格はそのままに表層部分のスポンジに十分な厚みを与えることで、包み込むような柔らかいタッチを実現しながら、路面からの振動をシャットアウトする効果をも併せ持っている」と解説する。

このほかの改良点としては「狭い場所での切り返しの際に便利なフロントソナーを追加装備」したほか、エンジンマネジメントソフトの最適化により「15%もの燃費向上を達成している」という。なお価格は235万円から269万9000円となっている。

  • 小松哲也
  • シトロエン C3《写真提供 Groupe PSA Japan》
  • シトロエン C3《写真提供 Groupe PSA Japan》
  • シトロエン C3《写真提供 Groupe PSA Japan》
  • シトロエン C3《写真提供 Groupe PSA Japan》
  • シトロエン C3《写真提供 Groupe PSA Japan》
  • ピュアテック1.2リットルガソリンターボエンジン《写真提供 Groupe PSA Japan》
  • シトロエン C3《写真提供 Groupe PSA Japan》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ