デンソー、タクシー・バス向け空気清浄機&空気清浄度モニターを開発

テクノロジー レスポンス

デンソーは、安心な車内空間を実現する空気清浄機と空気清浄度モニター「Puremie(ピュアミエ)」を開発。2021年2月より、デンソーソリューションを通じてタクシー、バスなどの事業者向けに販売を開始する。

昨今、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大を背景に、車内空間において「換気」の重要性が注目されるとともに、健康面に配慮した空気質へのニーズも高まっている。デンソーは、日本交通が日本財団支援のもと行っている新型コロナウイルス患者搬送用車両や、東京ハイヤー・タクシー協会の新型コロナウイルス感染防止対策を強化したコンセプトカー「ニューノーマルタクシー」への空気清浄機と空気清浄度モニターの提供を通じて、車内の安心な空気づくりに取り組んできた。

今回開発したピュアミエは、高性能フィルター搭載の空気清浄機により空間の浮遊ウイルスを99.99%以上除去。乗用車においてエアコンの外気導入のみと、空気清浄機1台を併用した場合を比較すると、外気と同じ空気質になるまでにかかる時間が約20%短縮される。

さらにセンサーを用いて車内における空気の清浄状態をモニタリングし、その結果を6段階で空気清浄度モニターに表示する。空気清浄機はドライバーの手元で風量調整(4段階)が、空気清浄度モニターは輝度調整(2段階)ができ、事業者の運行に適した製品仕様を採用している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ