スズキ ハスラー など、前席シートベルトにたるみ…7万台をリコール

テクノロジー レスポンス

スズキは1月21日、『ハスラー』など3車種7万0780台について、フロントシートベルトがたるんで組み付けられているものがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『ハスラー』『ワゴンR』、マツダ『フレアクロスオーバー』の3車種で2017年1月31日〜2020年10月22日に製造された7万0780台。

対象車両は、フロントシートベルトにおいて、組立指示が不適切なため内装部品のセンターピラートリムに挟まれ、たるんで組み付けられているものがある。そのため、衝突時にベルトのたるみ分が引き出されることで、乗員拘束が遅れて怪我の程度が大きくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、フロントシートベルトを点検し、たるんで組み付けられているものは正規の位置に修正する。

不具合および事故は起きていない。社内からの情報により発覚した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《写真提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ