GAZOOレーシング、全日本ラリー参戦体制…ターマックキング勝田範彦を迎え、GRヤリス2台

モータースポーツ レスポンス

トヨタGAZOOレーシング(TGR)は、『GRヤリス』2台体制で、2021年JAF全日本ラリー選手権のトップクラス(JN1)に参戦。新たにスバルから勝田範彦をドライバーに迎え、上位を狙う。

TGRは、2015年からJAF全日本ラリー選手権への参戦を開始し、モータースポーツの厳しい環境において「人を鍛え、クルマを鍛える」ことを目的に活動を続けてきた。2019年には眞貝知志・安藤裕一組が駆る『ヴィッツGRMN』でJN2クラス年間優勝を獲得している。

2021年参戦車両のGRヤリスは、FIA世界ラリー選手権(WRC)で得た技術や技能を織り込み、世界のあらゆる道でも思い通りに操れ、誰もが安心して意のままに運転できるクルマとして誕生。「モータースポーツ用の車両を市販化する」という逆転の発想で開発した、トヨタ初となるモデルだ。

チームに加わる勝田範彦は、JAF全日本ラリー選手権で8度チャンピオンに輝いた実績をもつトップドライバー。スバル時代は、特にターマック(舗装路)ラリーで光る走りを見せることから、「ターマック・キング」の異名を取る。トヨタ移籍後は、GRヤリスのポテンシャルを十分に引き出し、チームを勝利に導くことができるドライバーとして、眞貝知志とともに2台体制で戦う。

全日本ラリー選手権は、第1戦「Rally of Tsumagoi」(2月4〜7日)の開催中止が決定、第2戦「新城ラリー2021」(3月19〜21日)が開幕戦となる予定だ。

◆勝田範彦のコメント

初めてTGRチームに加わり、うれしく思います。ラリー車両の本格的なテストは、まだそれほど行っていませんが、エンジニアには熱意があふれていますし、クルマにはポテンシャルを感じました。私はこれまで30年近くラリーに参戦してきましたが、心機一転、初心にかえってチームと一緒に頑張りたいと思います。強豪ぞろいのJN1クラスで上位を狙い、良い成績を収めることが私の役割です。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 勝田 範彦《画像提供 トヨタ自動車》
  • 木村 裕介《画像提供 トヨタ自動車》
  • 眞貝 知志《画像提供 トヨタ自動車》
  • 安藤 裕一《画像提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ