日産東京HD、傘下の販売会社3社を統合…巨大日産系ディーラーが誕生

業界 レスポンス

日産東京ホールディングスは1月20日、傘下の日産系販売会社3社を統合して、新会社「日産東京販売」を2021年7月1日に設立すると発表した。

日産東京販売HDグループの東京日産自動車販売、日産プリンス東京販売、日産プリンス西東京販売の3社を統合する。販売会社3社を統合して、グループの事業資源や人員配置を最適化する、経営効率化とシナジーを高め、新たな取り組みにチャレンジし持続的成長を目指す。

ベストプラクティスの共有を深化させることで競争力強化を図るとともに、デジタルトランスフォーメーション推進や店舗・販売オペレーションの変革、人材戦略の強化、店舗ネットワーク戦略などを推進して事業拡大を目指す。

日産プリンス東京が存続会社で、新会社の日産東京販売は本社を東京都品川区西五反田に置く。資本金は9500万円。新車店舗が118店舗、中古車店舗が20店舗、従業員数2345人の巨大日産系販売会社となる。

  • レスポンス編集部
  • 日産東京ホールディングスのロゴマーク《画像提供 日産東京ホールディングス》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ