スマートドライブとキムラユニティー、データを活用した車両運行管理で協業

テクノロジー レスポンス

スマートドライブは1月22日、トータルカーマネジメントサービスを提供するキムラユニティーとデータプラットフォーム領域での協業を開始し、 新たなソリューションを開発することで合意したと発表した。

今回の協業では、キムラユニティーが提供するクラウド型車両管理システム「KIBACO」と、スマートドライブが提供する走行データを取得・蓄積・解析する「モビリティデータプラットフォーム」とのデータ連携する。具体的には、KIBACOが保有する車両情報と、モビリティデータプラットフォームによって得られる車両の利用状況、安全運転状況などのデータを融合する。これによって企業に対して、車両管理業務の効率化やコスト削減、安全運転推進などをトータルでサポートする。

キムラユニティーとスマートドライブは、両社の知見と強みを活かし、企業の車両管理の課題解決に向け協業ソリューションの開発・提供を目指す。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ