BMW M5 など、異常時にエンジン警告灯が点灯しないおそれ リコール

テクノロジー レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は1月25日、BMW『M5』など6車種について、エンジンコントロールユニット(DME)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはM5のほか、『M8』(カブリオレ、クーペ、グランクーペ)、『X5M』、『X6M』の、合わせて6車種で、2017年11月24日〜2020年9月8日に製造された1012台。

対象車両は、DMEのプログラムが不適切なため、燃料タンク内で発生した蒸発ガスを適切に評価できないことがある。そのため、システムに異常があるにも関わらず、エンジン警告灯が点灯しないおそれがある。

改善措置として、全車両、DMEのプログラムを対策プログラムに書き換える。

不具合および事故は起きていない。本国からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《写真提供 国土交通省》
  • 対象車種《図版提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ