コマツ、建設機械の電動化を加速…プロテラからリチウムイオン電池調達

エコカー レスポンス

コマツは1月26日、脱炭素社会に向けて中小型クラスの電動油圧ショベルを実用化するため、米国のプロテラからリチウムイオンバッテリーシステムの供給を受ける協業契約を締結したと発表した。

コマツはプロテラから調達するリチウムイオン電池をバッテリー駆動式建設機械に搭載して、2021年から実証実験を進め、2023〜2024年の量産化を目指す。

中小型クラスの電動油圧ショベルは、高い出力が求められる。コマツとプロテラは実証実験を通じて中小型クラスの電動油圧ショベルに適したバッテリーシステムを共同開発する。プロテラのリチウムイオン電池はエネルギー密度が高く、様々な車両に適合できるカスタマイズ可能な設計が採用されていることが特徴。コマツが開発するコンポ―ネントと組み合わせて、バッテリーの最適配置を目指す。

プロテラは、世界の商用車両向けにバッテリーシステムと電動化技術を提供している。コマツは、2008年に建設機械で世界初となるハイブリッド油圧ショベルを市場導入したほか、2020年4月にバッテリー駆動式ミニショベル「PC30E-5」をレンタル機として投入した。建設機械の電動シフトを推進するため、中小型の電動油圧ショベルを開発する。

今後、様々な戦略的パートナーと協業を進めながら、エンジン駆動式と同等の掘削性能を持ち、排気ガスゼロや騒音の大幅低減を実現するバッテリー駆動式建設機械の開発を進める。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ