ボルグワーナー、日産にトランスファーケースを初供給…電動モーターで駆動モード切り替え

業界 レスポンス

ボルグワーナー(BorgWarner)は1月26日、日産自動車のピックアップトラックの『ナバラ』とSUVの『パラディン』向けに、高耐久型のパートタイムトランスファーケースを供給する契約を締結した、と発表した。

ボルグワーナーは初めて、日産にトランスファーケースを供給する。このトランスファーケースは走行中でもハイ・ローの切り替えが可能だ。電動モーターにより、ドライバーは異なる駆動モードを素早く、滑らかに、正確に切り替えることができるという。

パートタイムトランスファーケースには、2WDハイ、4WDハイ、4WDローを含むさまざまな走行モードがある。通常、舗装された乾燥路面では、2WDハイモードが使用され、積雪地や平地のオフロードなどを走行する際は、4WDハイが選択される。また、4WDローは、凹凸の激しいオフロードや急勾配の上り下りに使用される。

ボルグワーナーのトランスファーケースでは、ドライバーが2WDと4WDを切り替えることが走行中でも可能だ。このトランスファーケースは、騒音・振動・ハーシュネス(NVH)が低く抑えられているという。

また、2WDと4WDの切り替え時間は0.7秒以下、ハイとローの切り替えも1秒以下。軽量化のため、ケースやカバーはアルミダイカスト製とした。ボルグワーナーは、ガソリン、ディーゼルいずれの内燃機関との組み合わせにも適する、としている。

  • 森脇稔
  • 日産 ナバラ《写真提供 日産自動車》
  • 日産 ナバラ《写真提供 日産自動車》
  • 日産 ナバラ《写真提供 日産自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ