CMC、二輪車向け協調型高度道路交通システム普及に向け活動を継続

モーターサイクル レスポンス

日欧二輪メーカー等で構成するCMC(Connected Motorcycle Consortium)は1月29日、二輪車向け協調型高度道路交通システム(C-ITS)用車載機の基本仕様を決定した。

また、四輪車や他のモビリティ産業との協調を図るため、CMC "Next"として活動を延長し、2021年以降も協働して二輪車の安全性の向上を目指すことで同意した。

CMCは、ホンダ、ヤマハ発動機、BMWモトラッドの3社が、二輪車向けC-ITS強化を目的として協働を開始するために2016年に設立。その後、スズキ、KTM、トライアンフ等が加わり、日欧の二輪メーカー8社および関連団体で構成してきた。CMCはライダーの安全性を高めるため、C-ITS用車載機に向けたV2X(車とモノとの通信)システムの基本仕様の設定に取り組み、CMC基本仕様を2020年12月11日に公表。この基本仕様は二輪車V2Xシステムの機能を定義する第1ステップであり、CMCでの活動の成果でもある。2021年以降はその進化と普及に向け、より実現性のある仕様策定に取り組んでいく。

今後、二輪車の安全性向上には、四輪車およびその他のモビリティ産業との協調が重要になってくる。四輪車における車載センサー、ドライバーアシスト機能の装備が進んでいく中、混合交通下での安全性を確保するために、これらの車両から二輪車が確実に認知されることが必要。そのためには、二輪車・四輪車特有の道路シナリオの設定やテスト条件を開発、共通化する必要があると考え、CMC "Next"として活動を継続していく。

CMC "Next"は、2021年1月から、これまでのCMC参加企業のうち6社で活動をスタートし、今後はこれらの課題に対応するために、他の二輪車メーカー、四輪車メーカー、サプライヤーや当該事業に関連するあらゆる組織にも同コンソーシアムへの参加を呼び掛ける予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ