三菱電機、自律走行する搬送用ロボットを開発 2021年度以降に製品化

テクノロジー レスポンス

三菱電機は1月28日、自律走行ロボットとしてさまざまな用途に対応可能な脱着型カート方式による「多用途搬送サービスロボットシステム」を開発したと発表した。

今回開発したロボットはセンシングや管制システムによって自律走行に加え、エレベーター・入退室管理システムなど、施設内設備と連携することで、施設内の自律的な縦横移動が可能。

カート装着・非装着のそれぞれの状態に応じた自律走行ロボットのセンシング制御により、多様な搬送サービスに対応するカートとロボットとの組み合わせが可能な脱着型カート方式とした。自律走行ロボットに搭載したLiDARや3Dカメラなどの各種センサーが周囲の状況を認識し、人や障害物などを自動で回避する。管制システムが走行指示や運行管理などを自動で行うことで、ロボットの最適配車やロボット同士のすれ違いなどで安全走行する。

今後、病院や商業施設などにおける実証と実運用に向けた開発を進め、2021年度以降の製品化を目指す。

  • レスポンス編集部
  • 病院向け薬品トレー搬送カート《写真提供 三菱電機》
  • 商業施設向け商品搬送カート《写真提供 三菱電機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ