SSを拠点とする自動宅配ロボデリバリーサービス エネオスなどが実証実験を実施へ

テクノロジー レスポンス

ENEOSホールディングスは1月28日、ZMP、エニキャリとともに東京都中央区佃・月島エリアで、飲食店やコンビニなどの商品を自動宅配ロボットでデリバリーする実証実験を、2月8日〜26日に実施すると発表した。

ENEOSとZMP、エニキャリの3社は昨年12月に自動宅配ロボットによる配送事業で提携して実証実験の準備を進めてきた。。佃・月島エリアでの実証実験にはパートナー企業10社、10店舗の商品を対象に顧客にデリバリーする。

実証実験では、ENEOSとエニキャリが共同で構築する受注・集荷・決済などのプラットフォームを使って住民からの受注、ロボットを活用した配送を実施する。ロボットの充電・デリバリー拠点として、ENEOSの特約店である東新エナジーが運営する「Dr.Drive月島サービスステーション」(東京都中央区佃)にZMPの自動宅配ロボット『デリロ』を配備する。

実証実験で自動宅配ロボットの自動走行に関する正確性・安全性、配送コスト、配達時間、注文フォームの簡便性などの技術的・ビジネス的課題を抽出・検証する。3社はニーズに対応する改良などを行った後、2022年を目処にデリバリーインフラの提供を目指す。

また、ENEOSの既存のサービスとデリバリーサービスとの融合や自動宅配ロボットを活用した様々なサービスについて検討していく。

  • レスポンス編集部
  • 実証実験の流れ《画像提供 ENEOSホールディングス》
  • 公道を走行する自動宅配ロボット《写真提供 ENEOSホールディングス》
  • 公道を走行する自動宅配ロボット《写真提供 エニキャリ》
  • 公道を走行する自動宅配ロボット《写真提供 エニキャリ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ