カラオケボックスになるアルファードなど、京都トヨペットグループが12モデル発売

業界 レスポンス

京都トヨペットグループは、クルマの中でカラオケが楽しめる「トヨカラ」シリーズ(全12車種)を2月1日より京都府下26店舗で限定発売する。

トヨタ車ではスマートフォンとモニターを接続する「ディスプレイオーディオ」の搭載車種が増えているが、特定のアプリを除いては外部からの映像入力はできなかった。今回発売するトヨカラでは、好みのアプリ、動画サイトが使用できるよう、機能を拡大させることで外部映像入力に対応。コロナ禍においてもカラオケをもっと楽しみたいとのユーザーニーズに応える。

利用方法は、停車中にHDMI出力対応のスマートフォンをクルマのモニターを接続し、カラオケアプリや動画サイトを再生するだけ。停車中、モニターで歌詞を確認しながら、よりよい環境でカラオケを楽しめる。さらに後席モニター(別途オプション、一部車種のみ対応)を装着すれば、より見やすい大画面で楽しめる。

対象車種は、『アルファード』『ヴォクシー』『ルーミー』といったトールワゴンタイプをはじめ、『カローラ』『カローラツーリング』『カローラスポーツ』『ハリアー』『RAV4』『ヤリスクロス』『ライズ』『ヤリス』『プリウス』の計12車種の新車に設定。成約者にはUSBで充電できるマイクおよびLEDミラーボールをプレゼントする。

販売は京都トヨペットグループ(京都トヨペットおよびネッツトヨタ京華)の京都府下26店舗での限定販売となる。またグループ会社のトヨタレンタリース京都ではトヨカラシリーズのレンタカーを設定する計画を進めている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨカラ《写真提供 京都トヨペット》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ