首都高速道路、今後は早めに通行止め---降雪・積雪

業界 レスポンス

首都高速道路株式会社は2月5日、大雪による予防的・計画的通行止めについて発表した。今後は早めの通行止め判断を行なう可能性があるという。

首都高速道路では、大雪による首都高速道路上での事故や車両立ち往生の発生を防止し、万が一発生した場合でも、それらによる長時間滞留を発生させないための早めの予防的・計画的通行止めを実施する。大雪が予想されるときは、不要不急の外出を控えるようユーザーへの呼びかけ、ドライバーへ冬タイヤやタイヤチェーンの早めの装着の注意喚起を強化していく。

●早期の予防的・計画的通行止めを実施する可能性

首都高速道路では、これまでも積雪などによる路面状況の悪化が予測された場合、早めの通行止めを行なってきた、とする。しかし、昨今の全国的な大雪による立ち往生発生要因を踏まえ、今後は、より早期の予防的・計画的通行止めを実施する可能性があるという。

首都高速道路では、同社ウェブサイトのほかリアルタイム道路交通情報サイト「mew-ti」、公式TwitterやLINEで交通規制情報を提供する。大雪が予想される場合には、通行止め可能性路線などの重要な情報を発信する。

●広報を強化

公式ウェブサイトなどを通じて、不要不急の外出を控えるよう、ユーザーに呼びかける。また、冬季(12〜3月)の降雪時において、通行車両の安全確保と事故防止のため、冬用タイヤやタイヤチェーンの早めの装着を呼びかけている。

  • 高木啓
  • ホームページ掲載イメージ(過去の事例)《画像提供 首都高速》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ