VW、ID.シリーズを2022年に日本市場投入へ…ゴルフ次期型はマイルドハイブリッドに

新車 レスポンス

フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンのティル・シェア社長は2月9日に行ったオンライン会見で新型電気自動車(EV)『ID. シリーズ』を2022年に日本市場に導入する計画を明らかにした。

シェア社長は「日本では2022年にID. シリーズを導入する」とした上で、「まず2021年は(次期型)『ゴルフ』のマイルドハイブリッドから初めて、年末までにはラインアップに新たなプラグインハイブリッドモデルを加える。来年にはIDの導入ということで、これがVWの次世代の電動化ラインアップになる」と述べた。

このうち日本に導入するIDシリーズのモデルに関しては「やはり日本にあったものとなるとコンパクトなモデルが主流になっていくと思う。日本の交通状況に合わせて取り回しのしやすいモデルにフォーカスしたい」と説明した。

VWジャパンは同日、次期型ゴルフの先行受注を開始。日本導入モデルとしては排気量1リットルのマイルドハイブリッド搭載の『eTSI Active」、1.5リットルのマイルドハイブリッド搭載の『同Style』および『同R-Line』の3グレード展開となることを合わせて発表した。

シェア社長は次期型ゴルフについて「新しいユーザーフレンドリーなデジタルコックピットを備えるほか、強化された運転支援システムが搭載されており、安全性および快適性がさらに高まる。新たな側面を持ちながらも、真のゴルフであることは変わらない。すなわちすべての人に最もフィットするクルマである」と評価した。なお、価格など詳細は明らかにしていないが、発売は2021年央を予定しているという。

このほか『ティグアン』、『パサート』の各改良モデルを2021年前半に、『アルテオン』の改良型は2021年中に導入することも公表した。

  • 小松哲也
  • フォルクスワーゲン ID.3《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.4《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ 新型《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン・ティグアン 改良新型のPHV「eハイブリッド」《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ