フォードモーター、EVや自動運転への投資を増額…EV向けは2倍に

エコカー レスポンス

フォードモーター(Ford Motor)は2月4日、EVや自動運転技術への投資を、290億ドルに引き上げると発表した。総投資額の290億ドルのうち、220億ドルがEV向けとなる予定だ。

EV向けの220億ドルの投資は、フォードモーターの従来の計画のほぼ2倍に相当する。フォードモーターは、ピックアップトラック、SUV、商用バンにEVのラインナップを拡大する。バッテリー容量を増やし、コストを改善し、より多くの新型EVを開発していく。

すでに米国市場では、フォード『マスタング』シリーズのEV、『マスタングマッハE』を発表した。2021年後半には、商用EVバンの『E-トランジット』を発売する。2022年の半ばには、ピックアップトラックの『F-150』のEV、その後、高級車ブランドのリンカーンにEVを投入する。

EVがフォードモーターのラインナップの主要なものになるにつれて、EVの生産能力が世界中で拡大する見通し。米国ミシガン州とミズーリ州、カナダの2工場、メキシコ、中国でEVを生産する計画だ。

自動運転に関しては、2025年までに約70億ドルを投資する。このうち、2021年以降では50億ドルの投資を計画しており、自動運転の実用化に向けた研究開発を加速させていく。

  • 森脇稔
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
  • フォード・マスタング・マッハE《photo by Ford Motor》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ