テスラのマスクCEO、CO2削減技術の開発を支援…コンテストに1億ドルの賞金を拠出

モータースポーツ レスポンス

Xプライズ(XPRIZE)財団は2月8日、テスラのイーロン・マスクCEOがCO2削減技術の開発を競う「Xプライズコンテスト」に、1億ドル(約105億円)の賞金を拠出すると発表した。

このグローバルコンテストには、地球上のどこからでも参加できる。環境に優しい方法で、CO2を削減できるソリューションを開発することを目指す。

コンテストに勝つためには、参加チームは1日あたり1トンのCO2を削減できるソリューションを開発し、その性能を実証する必要がある。Xプライズコンテストの目的は、効率的なソリューションを開発して、2050年までに年間10ギガトンのCO2削減目標を達成し、気候変動と戦い、地球のCO2バランスを回復することにあるという。

Xプライズコンテストは、2021年4月22日の「アースデイ」に詳細が発表され、参加チームの登録受付を開始する。コンテストは2025年4月22日のアースデイまで、4年間続く予定だ。

テスラのイーロン・マスクCEOは、「これは理論上のコンテストではない。ギガトンレベルに拡張できる実際のシステムを開発できるチームが求められている」と述べている。

  • 森脇稔
  • テスラ・モデル3(参考)《photo by Tesla》
  • テスラ・モデルY(参考)《photo by Tesla》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ