3台合わせて1370馬力、シボレーがNASCAR開幕戦のペースカーに…コルベットやカマロ

モータースポーツ レスポンス

GMのシボレーブランドは2月9日、2月12〜14日に米国のデイトナインターナショナルスピードウェイで決勝レースが開催される3つの「NASCARナショナルツーリングシリーズ」レース向けに、ペースカーを発表した。

今シーズンの開幕戦となる3レースを率いるシボレーのペースカーは、『コルベット』、『カマロ』、ピックアップトラックの『シルバラード』の3台だ。3台はすべて、シボレーの6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。シボレーによると、3台のペースカーは、合計で1370hpを生み出すという。

ミッドエンジンのコルベットは2月14日、「デイトナ500」のペースカーを務める。このコルベットには、「Z51パフォーマンスパッケージ」が装着されており、6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、最大出力495hp、最大トルク65kgmを発生する。

2021年モデルの『カマロ』は2月13日、「Xfinity」シリーズのペースカーに起用される。6.2リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、最大出力 455hpを引き出す。マグネティックライドコントロールを備えたオプションの「1LEパフォーマンスパッケージ」は、1.02gのコーナリング性能を発揮するという。

2月12日のNASCAR Camping World TruckSeriesのNextEraEnergy250のペースカーが、シルバラード。このシルバラードは「1500 RST」で、オプションの6.2L V型8気筒ガソリンエンジンは、最大出力420hpを獲得する。

なお、3台のシボレーのペースカーはすべて、ラピッドブルーのボディカラーで統一された。赤いアクセント、白いレタリング、ブラックのデカールが採用されている。

  • 森脇稔
  • シボレー・コルベット のNASCAR開幕戦のペースカー《photo by Chevrolet)》
  • シボレー・カマロ のNASCAR開幕戦のペースカー《photo by Chevrolet)》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ