セグウェイジャパン、電動キックスクーター発売…ネット接続型の進化版も

新車 レスポンス

セグウェイジャパンは、法人向けに電動キックスクーター『セグウェイ-ナインボット・マックスG30』を2月15日より、ネット接続型の進化版『セグウェイ・コマーシャル・マックス・プラス』を3月下旬頃より発売する。

セグウェイ-ナインボット・マックスは、既に個人向けとして全世界で発売され、米国Amazonでは最も販売実績のあるスクーターとして認知されている。最長航続距離はクラス最長の約65km。ワイド化したベース部分により、足元の安定性、大径10インチホイールによる操作性の向上など、より安全で安定した操作をサポートする。

続いて発売を予定しているセグウェイ・コマーシャル・マックス・プラスは大規模な初期投資不要で、スタートアップ、企業、大学や自治体などが独自のシェアリング型マイクロモビリティ事業を始める際、数台規模からの運用開始が可能。ネット接続対応のキックスクーター本体、GPSによる車両位置の把握、専用モバイルアプリを介したロックの施錠開錠、決済システムなどのサービスを提供する予定だ。

当初、個人向けに始まった電動キックスクーターは、欧米の観光地や街中での移動ツールとして注目を集めている。近年は、IoTの技術を用いたネット接続型の電動キックスクーターによる交通インフラの進化を生み、セグウェイ-ナインボットグループでは、「Powered by Segway」として製品を供給し、電動キックスクーターの世界シェア70%を占めるブランドに成長。シェアリング型マイクロモビリティをよりシンプルに、すべての人がより利用しやすいものにするべく、今後サービスを拡充させていく予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • セグウェイ-ナインボット マックス G30(左)とセグウェイ コマーシャル マックス プラス(右)《画像提供 セグウェイジャパン》
  • セグウェイ《画像提供 セグウェイジャパン》
  • スペックシート《画像提供 セグウェイジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ