ブリヂストン、2020年12月期連結業績予想を上方修正---需要回復基調が継続

業界 レスポンス

ブリヂストンは、11月12日に公表した2020年12月期(2020年1月-12月)の連結業績予想を上方修正すると発表した。

修正予想は売上高が2兆9900億円(前回予測比+1000億円)、調整後営業利益が2220億円(同+720億円)、純損失は240億円(同+360億円)とした。

前回の業績予想は、第4四半期に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)再拡大に伴う需要減少の影響を大きく受けることを前提に算出していたが、結果として、需要減少影響は限定的に留まり、トラック・バス用タイ ヤを中心に第3四半期からの需要回復基調が継続。前回予想時に計画していたタイヤ販売を大きく上回った。

乗用車・小型トラック用タイヤに関しては、COVID-19再拡大により、11月以降、欧米で需要がやや軟化したものの、高インチタイヤ販売は強く推移。また新車用タイヤについては、需要回復基調が第4四半期も継続し、回復がより鮮明となった。

トラック・バス用タイヤに関しては、COVID-19再拡大の中でも、補修用タイヤ需要が特に堅調に推移し、前年を上回る水準まで回復。新車用タイヤの需要回復基調は、第4四半期も継続した。

鉱山車両用タイヤに関しては、鉱物ごとに稼働状況にばらつきがあり、超大型タイヤに需要の弱さが見られたものの、大型・中小型タイヤでは、建設需要を中心に、上期の需要落ち込みから大きく回復した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ