ボルグワーナー、電動車向け新型モーター開発…最大出力544hp以上

エコカー レスポンス

ボルグワーナー(BorgWarner)は2月11日、ヨーロッパの大手OEMを含む商用車メーカーが手がけるさまざまな電動パワートレイン車向けに、新型高電圧ヘアピン(HVH)電気モーター、「HVH 320」を開発した、発表した。

ボルグワーナーは、10年以上にわたるモーター生産の経験を生かして、モジュール化された汎用性の高いHVH320モーターに、4つのバリエーションを設定する。モーターの最大トルクは1270Nmとパワフルでありながら、クリーンで静かな作動を可能にしているという。最大出力は544hp以上だ。

また、このモーターは変速を補助し、制動時や下り坂を走行する時には発電して、その電力でバッテリーを充電することができる。ボルグワーナーのHVHシリーズモーターの製品ライナップの中で、最新のHVH320モーターは、小型乗用車から大型商用車まで、幅広く対応している。

これらのモーターは、特許取得済みのステータ巻線技術が特長で、一体化設計が容易な構造となっている。また、モーターは、車両のあらゆる位置に搭載できるという。

なお、定格電圧800ボルトで、4つのバリエーションを備えたHVH 320モーターの本格生産は、2024年に開始される予定、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ