トヨタ、RAV4 向け4気筒エンジン増産へ…米工場に新たな投資

業界 レスポンス

トヨタ自動車(Toyota)の米国部門は2月18日、ウェストバージニア工場(TMMWV)に2億1000万ドルを新たに投資し、『RAV4』向け4気筒エンジンの生産能力を引き上げると発表した。

TMMWVでは現在、RAV4をはじめ、『カムリ』、『カローラ』、レクサス『ES』、レクサス『RX』など、北米で組み立てられた車両向けに、年間およそ100万基のエンジンとトランスミッションを生産している。

同工場では、既存のエンジン製造ラインを改修し、現在の6気筒エンジンの生産ラインを4気筒エンジンの生産ラインに変更する。これにより、RAV4向け4気筒エンジンの生産量が大幅に増加し、月間5900基のエンジン、年間では7万基以上のエンジンが増産できるという。

なお、同工場の改修プロジェクトは、2022年の後半に完了する予定。100名の新規雇用も創出される見通しだ。

トヨタの米国への直接投資は、284億ドルを超えており、マツダとの合弁事業を含めると、10の工場を擁する。全米のディーラー拠点は約1500で、約18万人の従業員が働いている。

  • 森脇稔
  • トヨタの米ウェストバージニア工場《photo by Toyota》
  • トヨタ RAV4(北米仕様)《photo by Toyota》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ