ボッシュ、マイクロソフトと提携…車両をクラウドに接続するソフトウェアプラットフォームを共同開発

テクノロジー レスポンス

ボッシュ(Bosch)は2月18日、マイクロソフト(Microsoft)と提携を結び、自動車をクラウドに接続するためのソフトウェアプラットフォームを共同開発すると発表した。

この提携の目標は、自動車のライフサイクルを通じて、車載ソフトウェアの開発と展開を簡素化し加速することにある。新しいプラットフォームは、マイクロソフトの「アジュール(Azure)」をベースにする。これに、ボッシュのソフトウェアモジュールを組み込む。両社が共同開発するソフトウェアは、車載コントロールユニットやコンピューターにダウンロードすることができるという。

両社の提携のさらなる目標は、ソフトウェア開発プロセスの効率を高めるツールの開発にある。これにより、イノベーションが促進され、車載ソフトウェアの開発コストを抑えることが可能になるという。

両社が共同開発するソフトウェアプラットフォームは、ドライバーが新しい機能やデジタルサービスに、より迅速にアクセスできるようになることを意味する。ボッシュとマイクロソフトの提携は、ボッシュの持つ豊富なソフトウェア、電子機器、システムの専門知識に、マイクロソフトが持つソフトウェアエンジニアリングやクラウドコンピューティングにおけるノウハウを組み合わせたものになる。

なお両社は、2021年末までに、新しいソフトウェアプラットフォームを最初の車両プロトタイプで利用できるようにする予定、としている。

  • 森脇稔
  • ボッシュの車載ソフトウェアプラットフォームの開発イメージ《photo by Bosch》
  • ボッシュの車載ソフトウェアプラットフォームの開発イメージ《photo by Bosch》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ