マツダ、制御プログラムなどの無償最新化サービス開始---第1弾はマツダ3/CX-30初期型

業界 レスポンス

マツダは、既存モデルオーナーを対象とした制御プログラムなどの最新化サービス「マツダ スピリット アップグレード」を発表。第1弾は『マツダ3』『CX-30』の初期型モデルを対象に、2月19日よりサービスを開始する。

「e-SKYACTIV X」エンジン搭載車(2019年11月8日〜2020年11月27日生産)は、エンジンとATトランスミッションの制御プログラムをアップデート。素早いアクセル操作に対する応答性とコントロール性が向上し、高回転まで気持ちよく伸びるドライビングフィールが進化する。

また、クルージング&トラフィックサポート(CTS)の制御プログラム(2019年4月2日〜2020年12月1日生産)を更新。作動上限車速を約55km/hから高速域まで引き上げ、高速道路や自動車専用道路の渋滞時等に運転疲労の軽減をサポートする。さらにマツダレーダークルーズコントロール(MRCC)の制御プログラム(2019年3月5日〜2020年8月28日生産)をアップデート。追従走行における加減速制御を、より人間特性に合わせより滑らかにする。

マツダは昨年11月にマツダ3、12月にはCX-30を商品改良。制御プログラムの最新化により、エンジンおよび安全技術の性能が向上した。これら改良はe-SKYACTIV X搭載車を購入したユーザーの走行データなどをもとに実現したもの。今回、e-SKYACTIV Xエンジン搭載車を愛用しているユーザーへの感謝の意を込めて、特別に無償で制御プログラムを最新化する。

対象者には、サービスキャンペーン(プログラムアップデート)の案内を送付。届き次第、最寄りの販売店で制御プログラムの最新化を行うことで、最新モデルと同等の性能が得られる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • マツダ CX-30 XLパッケージ《写真提供 マツダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ