横浜ゴム、北海道の屋内氷盤試験場に新冷媒装置導入 表面温度コントロールで開発力強化

テクノロジー レスポンス

横浜ゴムは、旭川市にある「北海道タイヤテストセンター(TTCH)」の屋内氷盤試験場に、全長約100mの国内最大級となる冷媒装置を備えた氷盤試験路面を設置したと発表した。

冷媒装置を導入した新氷盤路は氷の表面温度を−10度〜0度までコントロールでき、スタッドレスタイヤの開発で重要な0度付近の高温域から低温域まで様々な氷上路面でのタイヤ試験を安定した試験条件で行うことが可能となった。さらに、初冬の外気温に左右されずに氷盤路面を作ることができ、氷上制動試験の開始時期を早めるなど、開発期間の自由度が向上。スタッドレスタイヤからスタッドタイヤ、オールシーズンタイヤまで多様なカテゴリーに対応した冬タイヤの開発を、高精度かつ効率的に行うことが可能になった。

TTCHはタイヤ事業のグローバルな拡大に伴う評価数の増加や評価手法の高度化に対応するため、2015年12月に開業したテストコースで、乗用車およびトラック・バス向け冬用タイヤの試験を実施(春から秋は夏用タイヤの試験にも活用)。屋内氷盤試験場は冬用タイヤのさらなる高性能化を目指して2018年1月に開設した。

横浜ゴムは、冬用タイヤテストコースとしてTTCHのほかに、スウェーデンに「YOKOHAMA TEST CENTER of SWEDEN(YTCS)」を設置。欧州大陸やロシア・北欧向け商品の確認評価を実施しており、各国・地域の冬路面に最適な冬用タイヤの開発を推進している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 屋内氷盤試験場の室内氷盤路《写真提供 横浜ゴム》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ